預かり保育おやつのご紹介


預かり保育では申し込み制の手作りおやつを月に1~2回行っています。

卒園生の保護者"
市販のお菓子にない手作りにこだわり、一つ一つ心をこめ、
材料も、卵・バター・牛乳等良質の物を使っています。
例えば生クリームも、安価で手頃なホイップクリームは
使いません。
また、旬の果物を使ったり(苺等)
季節の行事に合わせたり(ハロウィン・Xマス等)
寒い季節は、園のオーブンで焼いた熱々の物を出したりと、
一年を通して様々な種類のお菓子を提供しています。

                                                川村(卒園生の保護者)







パックン

昔からある「鈴焼き」を見ていて、フトひらめいたのが、パックンです。
生地から配合し、焼き上がった物に斜めに切り口を入れ、そこにカスタードクリームをつめました。
溶かしたチョコレートで目を描き、苺でちょこっと赤いベロを作りました。
1人3個。食べるの可愛そうと躊躇する子がいるかなと心配しましたが、みんな、カワイイ?と言いながらガブリ!
パックン


パンダクッキー

少し大きめのパンダさんを一人二枚。
一枚一枚作っていくので、少しずつ顔が違います。(画像は双子ちゃん)
パンダクッキー


ハロウィンクッキー

ジャックランタンはカボチャ生地、オバケはプレーン地、こうもりはココア地の三種類です
カボチャフレーク等は使わず、生から作っています。
ハロウィンクッキー


猫ちゃん大集合クッキー

一枚一枚顔をアレンジして作りました。肉球も。
手作りならではの、色々な顔の個性豊かな猫ちゃん達ができました。
猫ちゃん大集合クッキー 猫ちゃん大集合クッキー 猫ちゃん大集合クッキー


ツリーケーキ

長さ約25cmのケーキを10台一斉に並べ見てもらい、それからカットして分け
みんな大賑わいの中食べ、一瞬で消えていきました。
ツリーケーキ ツリーケーキ


ジュエリーボックス

ウエハースの角を45度にカットし組み合わせ、パスタでとめ、箱の側面に。
そして砕いたキャンディーを型抜きし、下焼きしたクッキー地に敷きつめ、
もう一度焼き、フタに。底もやはりクッキー地です。
中に一個フタの柄と違うクッキーを入れて、ジュエリーボックスの完成です。
フタを太陽にかざすとステンドグラスのようでキレイです。
ジュエリーボックス


春巻きの包み焼き3種

たまには、こういったオヤツも。
一人3本、3種類の味を楽しみました。
園のオーブンで、焼きたてです。
春巻きの包み焼き3種


うさぎ餅

白玉粉と砂糖から作ったぎゅうひをカットし、
丸めたこしあんをのせ、赤いチョコペンで目を描いて、
南天の葉っぱを刺して耳を作り、、、
子どもたちが、それぞれ、自分のウサギさんを作りました。
もう一つ。
小さなココア味の求肥のネズミさんも添えて。
皆、カワイイ2匹をガブリ!
白うさぎ ねずみさん